日本との違い

海外旅行というのは、現実から逃避出来る最高の旅行です。

異国の人とふれあい、異国の文化を知る事が出来ます。

私が今まで行った海外旅行の中で特に印象が強かったのは、台湾です。

台湾の女性は、無駄毛をそる週間がありません。

夏に訪れた台湾で、タンクトップの女性が脇の毛の処理をしていなかったのに驚きでした。

ここまで文化の違いがあるのかと衝撃だったのを覚えています。

ハワイにも文化の違いが沢山ありました。

バーや飲食店は基本的に禁煙です。日本よりはるかに禁煙大国です。

しかし、アイリッシュバーは喫煙オッケーなのです。

後、有名なのはチップ制と言う事です。

日本では浸透していないので忘れがちですが、向こうの人達は結構シビアにみているので気を付けましょう。

そして、常夏の島なのでやはり人も明るいことですね。

日本人とテンションが違うので最初は戸惑いますが、日本人にはとても優しいです。

そして、バリ。

バリになるとなかなか日本人を見かけません。団体旅行の客もいません。

なかなか日本語が通じないので困ることもあります。

バリの文化は本当に日本と違います。

まずはトイレ。

日本のようにボタン一つで流れるものではありません。

バケツで水を汲み流し込むのです。

衛生面は、日本とは全然違うのでびっくりすることはかなりあります。

ホテルの朝ごはんでもそこのおおざっぱな感じは出ます。

コーヒーのお砂糖にアリの行列が出来ていても気にしません。

ハエがブンブン飛んでいても気にしないのです。

日本の飲食店の接客の良さや衛生面がいかにレベルの高いものかがわかります。

そして、バリで出されたお絞りも衝撃です。

日本のお絞りとは違い芳香剤の匂いがします。

とても手を拭けたものではありません。

ここでも、日本のおもてなしのこころがわかります。

このように海外に行くと本当に日本との違いがわかります。

海外旅行に行くとその旅行先の土地柄がわかります。

そして、日本のすごさもわかります。

海外旅行が初めてなら団体旅行のようなツアーで行った方が良いでしょう。

自由時間もちゃんとあるし、困った時はツアーコンダクターが助けてくれます。

ちゃんと安全が確保されているので安心でしょう。

冒険心がある人は、空港チケットだけを握りしめて行くのも楽しいかもしれません。

バックパッカーのようにその日暮らしの様な海外旅行も刺激があってとても楽しいと思います。

そして、海外旅行にいき日本の素晴らしさを再確認しましょう。