外国へ行こう

最近すっかり日本に浸透してきた韓国で。

日本からも社員旅行のような団体旅行で韓国にいくこともあるくらい人気の旅行エリアになっています。

韓国ドラマのブームの影響や韓国のアイドルが日本人に認知され始め日本の若者が韓国や韓国の文化に興味を持つようになりました。

やはり韓国の文化は独特です。

韓でご飯を食べた事がある方はわかると思いますがメインの料理の周りにキムチやナムルなどの副菜がてんこ盛り出来ます。これはお代わり自由の食べ放題。

とてもお得感があります。

そして、お箸。

日本のお箸は木やプラスチックで出来ていますが、韓国のお箸はステンレスの様なシルバーなもの。

スプーンと長めのお箸が基本です。

基本的に取り皿を使いふ風習も無く、お皿や器もおはしやスプーンと同じ様なステンレスの素材のものが多く、食器を楽しむと言う事はあまりしないそうです。

日本では、食べ物も渡す時、渡し箸はマナーが悪いと言われています。

それはお骨を持つ時だけと小さい頃に教えられた事はないでしょうか。

しかし、韓国では良しとされているのです。

とてもびっくりしました。

立膝をついてご飯を食べるのもオッケーなのです。

しかし、お酒を飲む時は人にみられない様に横を向いて飲まなければいけません。

このように日本と違う所はいくつもあります。

イタリアに行った際に楽しめることは幾つもあります、

サッカーに食事にコロッセオにショッピングなどありますが、そんな中でも気をつけておいた方が良い部分も幾つか存在します。

英語圏ではないために、英語で話しかけても言葉が通用しない場合があります。

お土産屋さんやレストランなどで、日本語で上手に話しかけてくる人もいますが、その場合ほとんどの人が学校で日本語を専攻している場合が多いです。

中には日本人スタッフが働いているお店もありますのでその場合はコミュニケーションに問題はないと思います。

どこの国でも言える事ですが、自分の国の言葉でお礼を言われたり、挨拶をされたりすると嬉しい気持ちになりますよね。

もちろんイタリアに行くためにイタリア語を学ぶ必要まではありませんが、簡単な挨拶やお礼の言葉まで覚えておくと便利かも知れませんね。

イタリアで多発している被害の一つがスリ。

これは欧米諸国でかなり問題になっていると聞いた事があります。

大人だけではなく、子供もスリを行う場合があるそうです。

スーツケースを引いている時に、気がついたらチャックを開けられていて貴重品を取られてしまった人もいるみたいです。

パスポートや財布はスリに遭っても盗られてしまわない所にしまっておきましょう。