マナーの悪い旅行客

日本は海外から遊びに来る旅行客が非常に多い国でもあります。

マナーの悪い旅行客。

これは日本人や外国人を問わず、人として絶対に注意すべき点ではないでしょうか。

郷に入っては郷に従えと言いますが、自分の国や地域の文化を他所の土地で出したとしても恐らく通用しないはずです。

その土地その土地で文化や風習は確実に違います。

その土地ならではの魅力も非常に多く存在します。

旅行の魅力はそんな文化や風習を知るといった部分にも存在するのではないでしょうか。

マナーの悪い人はきっとそのような心を持ち合わせておらず、自分勝手な行動を取っているに違いありません。

旅行中を気持ちも高揚して普段とは違うテンションにはなると思います。

しかしながら、マナーが悪くなるのはいかがなものでしょうか。

所構わず大声で喋ったり、ゴミをちゃんと捨てなかったり、公共物を破損したりなど多くの問題があります。

日本人観光客の起こす問題もたくさんありますよね。

海外に行って世界的な建造物に落書きをしたり、立ち入っては行けない場所に行って危険な目にあったりなどといったニュースをよく目にする事があります。

国によっては治安も悪い国もあれば、情勢が安定していない国があります。

事前に国の情報を調べておき、危険な場所には立ち入らないようにしましょう。

日本人の大好きなハワイ。

そんなハワイ旅行の注意点も幾つかあります。

 

枕銭と呼ばれる物があります。

中級クラスのホテルの場合、世界では唯一    ハワイでは枕銭を置く方が良いと聞いた事があります。

それが島の風習になっているらしいのです。

アメリカ人もハワイは特別な場所と言う人がいるので、郷に入っては郷に従うのが良いのでしょうね。

道路交通法的な物もかなり日本と変わっており、路上横断は禁止されています。

例え車が通りそうにない裏道であっても、歩道が付いる場所などであれば警察に注意されることがあります。

罰金があるのかどうかはわかりませんが、安全上の問題もそうですし、言葉の通じない国で警察に話しかけられると日本以上に慌てると思いますので、路上横断はやめましょう。

ハワイで日本人観光客の多い場所では、サービス料が込のお店が多くあります。

知らずに二重に支払いをしない様に気をつけましょう。

ハワイ以外のアメリカ国内では日本人観光客が多いからといって最初からサービス料が込の場所はほとんどありませんのでそれもしっかり覚えておきましょうね。

ハワイに行く人は年間でかなりの人がいます。

それらを知らないハワイ好きもいるはずなので、是非教えてあげてください。