海外旅行の注意点

世界から人気のあるスペイン。

歴史的建造物や、食事、スポーツ、様々な物を求めてスペインに行く人がいます。

海も美しく、人間も情熱的、そして食べ物も美味しいと言われるスペイン。

しかし「スペインは治安が悪い」と言われているのを聞いた事がありませんか?

しかし、それは誤解です。

そもそも日本の治安が良すぎるために、他の国に行ったら治安が悪いと感じてします人もいる様です。

スペインで大都市と言われるバルセロナやマドリッドは他の都市に比べて盗難等が多発しているのですが、ヨーロッパの他の大都市に比べると事故件数はかなり少ないと言われています。

日本人観光客の中には不用意に大金を所持して出歩く人もいます。

日本はお金持ちといったイメージが海外では強く根付いている為に、日本人専門の窃盗団が存在する国もあります。

スペインは治安が悪いといったイメージは、そのような窃盗団が存在が日本人を狙う為に圧倒的に日本人観光客の被害が多いからなのです。

ヨーロッパの大都市の中で最も盗難発生件数が少ない国にも関わらず、そんなイメージを持っている人が多い理由はそこにあります。

むやみやたらと金品を持ち歩いたり、不用意な行動を取る人が後を絶たないので、泥棒が近寄ってくるのむ無理はありません。

スペインに限らず、どの国でもどんな場所でも観光客にとって危険とは隣り合わせです。

国や旅行会社にとってマイナスな事はあえて好評する事は恐らくありません。

メリットがないですからね。

最近のスペインは一時期に比べるとかなり犯罪件数が減少していると言います。

数年間で世間に広まった治安に関する情報などが危機管理能力が向上させる結果となったのでしょうね。

警備体制なども強化され犯罪撲滅に向けて地域や警察も動いているのも一つの要因と言えます。

しかし、治安が良くなったといっても決して安全とは言えません。

日本国内でもそうですが、どこで誰に巻き込まれるかわかりません。

普通に一人で夜の街を出歩けるのも世界的に見ても日本ぐらいなのではないでしょうか。

その感覚のまま海外で行動してしまっていたら、危険な目に遭う可能性はかなり高いと思います。

日本とは正反対だと思っていても決して大げさではないと思います。

デモなども頻繁にスペインでは頻繁に起きています。

それに巻き込まれたりしない様に注意しましょう。